先日の四国ドライブ旅行で持っていったPCがPowerBookG4 Titanium。ほとんど車の中に置いていてホテルに入るときに持ち歩くだけなのですが、はっきり言ってめっちゃ重いですし、持ち運びしにくいです。で、まだあんまり購買意欲に火はついてないけど、今流行のミニノートをちらちらチェックしてみました。

ASUS、DELL、HPなど海外メーカーだけでなく、東芝や富士通など日本のメーカーの製品もチョコチョコ発表されてます。だいたいスペックはほぼ同じみたいですね。Intel Atom N270(1.6GHz)、液晶は8.9か10.1インチ、XP home。来年にはデュアルコアのAtom330を積んだ機種も出るとか出ないとか。

で、私が一番惹かれたのがミニノートではなく、VAIOツ黴€typeツ黴€T。デザインがたまらないですね。ゴールドにココロは釘付けです。さすがSONY。デザインで惚れさせてくれるメーカーはAppleとSONYだけです。

11.1型ワイドの液晶で、サイズは幅279mm×奥行199.8mm×高さ23.5mm。約1.2kg。ミニノートに比べ若干大きめです。

VAIO type TVAIO type TVAIO type T
VAIO type TVAIO type TVAIO type T

しかし、値段は最低スペックでも17万オーバー。私の使用用途は、月に1回くらい旅行に行った時に使うだけ。ホテルでメールチェックしたり、デジカメのデータを移したり、ネット見たり、ブログ書いたりするだけ。そのためのマシンとしてはホイホイと買える値段じゃないです。 このデザインでミニノート並みにスペック落として69800円で出してくれんかな。即買うのに。

Sony Style(ソニースタイル)

Related Posts


前の記事: 長田 in 香の香で讃岐うどんを食べる
次の記事: ラミ・デュ・カマンベールでランチ