マイクロフォーサーズ規格の第1弾PanasonicのLUMIX DMC-G1を触ってきました。マイクロフォーサーズを狙っている人は、デジイチ使っていてよりコンパクトさを求めてる人と、コンデジからのステップアップ派がいると思いますが、コンデジからのステップアップ派の視点からの感想です。

大きさはオリンパスE-420よりちょっと小さい感じ、一眼コンデジと大きさは変わらない感じでした。持った感じはボディの塗装がしっとりして滑りにくくなっていてグリップもあり、私の手には持ちやすかったです。ダブルズームレンズをつけたら片手持ちではキツかったです。持ちやすくいじりやすくとってもいい感じでした。

ビックリしたのはライブビューとAFの速さ。見やすいですし、合掌速度もメチャメチャ速くて気持ちいいです。サクサク撮れて、コンデジ以上にコンデジライクにストレスなく使えます。

画質はわからないので何とも言えませんが、 触った感じや使い勝手は非常に良く、コンデジからのステップアップ派には問題なさそうな感じです。Olympusのマイクロフォーサーズも楽しみです。

Related Posts


前の記事: HPのネットブック HP mini 1000 発表
次の記事: オーストラリアドライブ旅行計画中