Bistrot Gagnant(ビストロガニオン)にランチを食べに行ってきました。兵庫県神戸市灘区の阪急六甲駅の近くにあるフレンチレストランです。

ビストロ ガニオン Bistro Gagnant
Bistro Gagnant ビストロガニオンBistro Gagnant 淡路産玉ねぎのタルト スペイン産生ハム添えBistro Gagnant 活帆立貝柱のニース風サラダ
Bistro Gagnant マッシュルームのポタージュBistro Gagnant 播州鶏のカツレツ クロックムシュー仕立てBistro Gagnant スズキのポアレ サフランソース

ランチメニューは、A(1300円)、B(1700円)、C(2800円)の3つです。オーダーしたのは1700円のBランチ2つ。オードブルと肉魚料理を5種類の中から選ぶプリフィクスコースです。

オードブルは、「淡路産玉ねぎのタルト スペイン産生ハム添え」と「帆立貝柱のニース風サラダ」にしました。淡路産玉ねぎのタルトは、玉ねぎの甘さと生ハムの塩っけとタルトのサクサク感と野菜の爽やかさがとてもバランスよく美味しかったです。

スープは、「マッシュルームのポタージュ」。マッシュルームの苦さとポタージュの甘さが分離されてる感じでした。メインは、「播州鶏のカツレツ クロックムシュー仕立て」と「スズキのポアレ サフランソース」です。カツレツは、クロックムシュー仕立てで卵とハムを挟んでいて面白いのですが、ソースがあっさりしてて鶏の淡白さに負けていてパンチのない感じでした。スズキは、ふんわり良い感じにポアレされてるのですが魚の臭みが強かったです。サフランソースもいまいちな感じでした。

全体的にあっさりした味付けでした。私はもうチョット濃い目の味付けの方が好みです。コストパフォーマンスは悪くないと思います。

ビストロ ガニオン (Bistrot Gagnant) (フレンチ / 六甲)
★★★☆☆ 3.0

Related Posts


前の記事: 元町ケーキのざくろを食べる
次の記事: VAIO New Mobileは8インチミニノートPシリーズ!?