先日買ったマイクロフォーサーズ1号機、DMC-G1。とりあえず取説も読まずにAUTOでシャコシャコと家の中で1000枚くらいライブビューで撮ってみました。軽くレビューを。ちなみに初デジイチなのでコンデジとの比較です。

写真は、DMC-G1で撮って、フリーソフト「リサイズ超簡単Pro2.17」で640×480、バイキュービック、保存品質100%の設定でリサイズしてます。補正はしてません。

SONY Cyber-Shot DSC-W80
SONY Cyber-Shot DSC-W80SONY サイバーショット W80とdocomo F-02Adocomo STYLE series F-02A
Photos by G1Photo by DMC-G1Microsoft Basic Optical Mouseとマリメッコ マウスパッド

合焦速度が速く気持ちよくシャコシャコ撮れます

驚いたのはAFの速さです。ジャカジャカ合焦しまくってくれます。 コンデジとは格が違うぜって感じます。液晶モニタの精細さも素晴らしい。PCで見るとあんまりな写真も、液晶モニタで確認するとキレイに撮れているように見えるので注意です。

写し出す絵も、コンデジSONY DSC-W80に比べてですがリアルな絵を出してくれます。その時その場所の空気感、質感も写してくれます。しかし、リアルに描写するということは、カメラの腕をもダイレクトに反映し描写します。コンデジでは描写しきれなかった撮影者の腕をも写しだします。なかなか上手に撮れません;;練習あるのみです

バッテリーは意外に持ちます

バッテリーの持ちなんですが、 メーカーの仕様ではライブビューでの撮影は330枚となってますが、1時間くらいで1000枚くらい撮影しても1メモリも減ってません。結構持ちそうです。

Related Posts


前の記事: 携帯電話 docomo F-02A購入:3年半ぶりの機種変更
次の記事: LUMIX DMC-G1 レビューその2:室内で人物・ペットは厳しいです