LUMIX DMC-G1ですが、まだまだ使いこなせてません。

本体液晶画面で見るときれいに撮れているように見えるのですがPCで見るとイマイチな写真が続出です。撮って出しのJPEGが、実際より、眠たく、濃ゆく、大げさな感じなんです。かといってRAWで一枚一枚いちいちいじくるのは、旅行に行くと1日1000枚くらい普通に撮るので、とてもめんどくさく感じます。

そこで、取説を見てみるとフィルムモードなるものを発見しました。画像の色調を自分好みに設定できるモードです。フィルムモードで自分好みの画質を探してみることにしました。

アンリ・シャルパンティエ LUMIX G1で
2号線 LUMIX G1で芦屋川沿い LUMIX G1で芦屋川沿い LUMIX G1で
LUMIX G1でアンリ・シャルパンティエ LUMIX G1でアンリ・シャルパンティエ LUMIX G1で

カラーでは6モードあって、更にそれぞれ、コントラスト、彩度、シャープネス、ノイズリダクションの4項目を±2まで変更できるようになってます。今回はスタンダードを基本に、眠さを解消するためにシャープネスを+2、大げさ感を減らすために彩度を-2、ノイズは気にならないけどとりあえずノイズリダクションを+2にしてみました。

かなり落ち着いたというかさっぱりした絵になりました。今度は物足らない感じです。ウキウキするほど快晴なのに、なんとなく寂しげな感じすらします。辛気臭いです。しかもノイズリダクションを+2にしたせいか解像感も消えてよけいにモッサリした絵になってます。もうちょっと色々試してみます。次は彩度をもう1段階あげてみてノイズリダクションを±0にしてチャレンジしてみます。

Related Posts


前の記事: カードリーダーBUFFALO BSCRA28U2買いました:転送速度も速くコード一体型が良い感じ
次の記事: LUMIX DMC-G1 レビューその6:ケーキを撮ってみました