今年の1月にG1を買いデジイチデビューを果たしました。写り的には結構満足してます。しかし、コンデジからステップアップした私にはG1でもまだ大きく感じ、持って出るのに億劫で使う機会はほぼ旅行と家のみ。

画質的にはデジイチ並希望、でももっとコンパクトな機種が欲しい私は、もともと優柔不断な性格も手伝ってハイエンドコンデジとマイクロフォーサーズの携帯性と画質のバランスの狭間で大いに迷い続けています。

Panasonic デジタル一眼カメラ GF1 レンズキット(20mm/F1.7パンケーキレンズ付属) シェルホワイト DMC-GF1C-WOLYMPUS PEN マイクロ一眼 E-P1 パンケーキキット ホワイト E-P1 PKIT-WHT

18日にPanasonicからマイクロフォーサーズ機DMC-GF1が発売されました。静止画はG1と同じらしくAFの速さも写り的にも良さそうです。G1を使っていて気になっていた色合いや黒つぶれしやすい傾向もマイカラーモードで対応できそうで良さそうです。手ぶれ補正がボディに付いていないのもパンケーキだとレンズが明るいので問題なさそうです。しかし、動画は使わないし静止画はG1と全く同じなので、ボディサイズだけのためにG1から買い換えるのはちょっと抵抗があります。

15日のファームウェアのアップデートでAF速度が上がると期待していたOlympus E-P1は、速さはあまり変わらなかったようで評判は微妙なようです。ファインダーもフラッシュもいらない私は、AFの速さ+書き込み速度がG1並になるなら、デザイン的にも色合い的にもE-P1の方が好きなのでコッチを買おうかなんて考えてましたがスルーかも。

マイクロフォーサーズや画質重視コンデジは活況のようで、シグマDP1sのウワサや、E-P2のウワサや、PENTAXがマイクロフォーサーズに参入するウワサがあったり、いろいろ迷ってます。年末年始あたりに何か1台買いたいなーって思ってます。

Related Posts


前の記事: ELECOMのキーボードTK-FCP011がかっこいい
次の記事: ハラチェア・メディカチェア レビュー:尾てい骨の痛みは消えました