夙川のLE BENATONでランチを食べてきました。予約必須の人気店です。山手幹線沿い南側にあります。駐車場はありませんがお店から山幹を挟んだ北側にコインパーキングがあります。

フグ キャビア添え
LE BENATONレンズ豆のスープホタテとラルドのカルパッチョ 秋茄子のキャビア ドーベルジーヌ
牛ほほ肉の赤ワイン煮込み本日の鮮魚料理 はまちバニラアイス 紫芋のスープ

ランチコースは2種類。メイン1つのAコース(3500円)とダブルメインのBコース(4800円)です。Aコースをオーダーしました。

まずは付き出し。レンズ豆のスープを泡立てたものに生ハム。
最初から手の込んだお料理でとてもバランスが良い味で美味しいです。「さすが人気店!」ウキウキとテンションが上がります。
が、この後デザートまでの前菜とメインは、私のフレンチのイメージを超えていて、凝ったお料理だとはわかるのですが味は微妙でした。
前菜は、フグのカルパッチョ キャビア添え(+1000円)。
フグは軽くバーナーであぶってあります。そのためなのかちょっと生臭いです。
ソースが少なくキャビアの塩っけも足りずフグだけ食べてる感じでした。

ホタテとラルドのカルパッチョ 秋茄子のキャビア ドーベルジーヌ
ホタテがしんなりしていて新鮮なプリッとした感じはありません。ラルドもペーストもちょっとエグい感じで微妙でした。

メインは、牛肉の赤ワイン煮込み。
赤ワイン煮込みは、お肉はほろほろでとても柔らかいのですが、塩がキリッと強く辛いです。

本日の鮮魚料理はハマチのコテ・ポー。
ハマチが、低温で中は7割くらい火を通し3割は生にして皮はカリッと焼きあげられていて、手の込んだ感じです。やっぱり生臭さと塩辛さが印象的でした。添えのカブなどのお野菜も柔らかくするのではなくゴリゴリと食感を残していてこれも驚きでした。私はお魚の低温調理が苦手なようです。中もしっかりふっくら焼いてソースで食べるよくある料理の方が好みです。

デザートは、バニラアイスと紫芋のスープ。
バニラと紫芋の味がとてもマッチしていて味に深みがあり美味しかったです。
お菓子の盛り合わせはあんまりでした。

お料理は全体的にとても手が込んでいて独創的で盛りつけもきれいです。
私はよくあるシンプルなフレンチが好みなので合わなかったんだと思います。

お店はこじんまりしていますが高級感のある雰囲気です。ただ、小さい2人がけのテーブル中心で周りが気になる狭さなので、居心地は微妙でゆっくり落ち着いてご飯を楽しめる感じではありませんでした。

ホールのスタッフは予約の電話の対応から物腰も柔らかくとても丁寧です。
愛想も良くお料理の説明などとても詳しくしてくれるのですが、私の席が一番奥で見えにくいところだったというのもあってか、基本的な、お水がなくなっているとかパンのおかわりとかには気づいてもらえませんでした。
お店の雰囲気的に大きな声で「すみませーん」と呼べない小心者の私には厳しかったです。

LE BENATONは、好みは別にして、お料理やお店づくりや接客などスタッフから前向きな姿勢が伝わってきて気持ちいいお店です。スタッフの真摯な姿勢が感じられるお店です。

LE BENATON(ル・ベナトン)

〒662-0047 兵庫県西宮市寿町4-12
TEL:0798-37-2655
営業時間:12:00~14:00(L.O)、18:00~21:00(L.O)
定休日:毎週水曜日と他月に2日
HP:http://benaton.net/

LE BENATON (フレンチ / 夙川、さくら夙川、西宮)
★★☆☆☆ 2.5

Related Posts


前の記事: 芦屋 kaopan のパンを食べる
次の記事: 口内炎がひどい