今回の旅行で私が一番不安だったのが帰りの便のトランジットでした。ガルーダ・インドネシア航空のメルボルンーバリー関空の便はバリのデンパサール空港で10時間以上乗り継ぎの時間があるんです。バリ到着がお昼の13時50分で出発が深夜の0時55分で長丁場の時間つぶしです。

デンパサール空港 PRADA LOUNGE
デンパサール空港 PRADA LOUNGEデンパサール空港 DEWA LOUNGEデンパサール空港 DEWA LOUNGEからの景色

まずは飛行機からメッチャゆっくり降り、空港内をメッチャ遅く歩き、空港内のお店を思いっきりノロノロ見て、お土産も買い終わり、それでも搭乗まで9時間以上残っていました。その後はデンパサール空港のプラダラウンジとデワラウンジを行ったり来たりしながらひたすら時間が過ぎるのを待ちました。デンパサール空港のラウンジはあまりキレイではなかったり、デワラウンジはエアコンのききが弱くちょっと蒸し暑かったりと長時間はあまり快適ではありません。次回この便に乗るときは帰りの便も降りようと思いました。

フライト自体はバリ関空の便の機材はフルフラットシートのエアバスA330-200なので一旦乗ってしまえば快適なフライトでした。

Related Posts


前の記事: メルボルン空港 カンタス航空 ビジネスクラス ラウンジ
次の記事: バリ & メルボルン グレートオーシャンロードドライブ旅行記 目次