11476-884-169769

ソニーVAIO Zのレビュー4回目。今回はキーボードとタッチパッドを中心にレビューしたいと思います。

私はモバイル性能にマウスなしでどれだけストレスなしで使えるかを重視します。特に普段MacBook Proを使っていてマルチタッチパッドがとても使いやすいのでVAIO Zのタッチパッドがどれだけ使いやすいか楽しみでした。

キーボード

SONY VAIO Z キーボード
SONY VAIO Z キーボードバックライト

VAIO Zのキーボードは浮き石タイプのアイソレーションキーボードです。キーピッチは標準の19㎜、配列も標準的ですし普通に打ちやすいです。ボディが華奢なので打ち心地がきしんだりたわんだりするかもと思っていたのですがそんなことは全くなく、シッカリしていて打ちやすいです。キーは滑りにくいですし打った感じもバチバチと気持ち良く、キーボードは良い感じです。

タッチパッド

SONY VAIO Z タッチパッド

タッチパッドの大きさはボディの大きさとのバランス的に広く使いやすい大きさだと思います。普通にカーソル移動だけなら反応も悪くはありません。タッチパッドに何も印は書いてませんがスクロール対応になっていて、右端をなぞると上下スクロール、下端をなぞると横スクロールになってます。ズバリ反応が悪く使いにくいです。特に横スクロールはかなり反応悪いです。私はモバイルパソコンってマウス無しで使いたいのでタッチパッドの操作性が命だと思っています。特にネットのブラウジングはスクロールの使い勝手が重要だと思います。MacBookシリーズのような2本指スクロールなどマルチタッチを採用して欲しいです。VAIO Zのタッチパッドはスクロール機能が残念な感じでした。

11476-884-169769

Related Posts


前の記事: SONY VAIO Z レビュー03:Full HD(1920x1080)液晶画面は見やすいのか
次の記事: 今さらですがMacBook ProにSnow Leopardをインストール