11476-884-170609

お借りしているソニーVAIO Zはブルーレイディスクドライブ搭載モデル。液晶はフルハイビジョン。さらに、ハイエンドオーディオに迫るサウンドチップ搭載でノイズが従来モデルの1/10。そして、周囲の騒音を1/4にするノイズキャンセルヘッドフォン付き。

と、素晴らしい動画視聴スペックモデルなので、ブルーレイを見るべく早速TSUTAYAに行って「トランスフォーマー/リベンジ」のBlu-rayを借りてきました。

VAIO ZのフルHD液晶でBlu-rayを視聴

夜8時頃、ベッドにうつぶせに寝転んで、部屋の電気を消して、ノイズキャンセルヘッドホンをつけ準備万端で見てみました。

映像

まーーーー美しいです。 映画「トランスフォーマー/リベンジ」の映像が美しいと言うのもあるのでしょうが、それにしても吸い込まれます。13.1型でフルHD(1920×1080)なので映像が精密でリアルで立体感とか空気感がビシビシ伝わってきます。

そして映像の精細さに加え色が素敵。これがAdobe RGBカバー率96%の力なのか、何ともいえない青とか何ともいえない赤とか何ともいえない階調の色合いに見とれてしまいます。「トランスフォーマー/リベンジ」自体の映像のテンポや動きが速いのも手伝って、ストーリーそっちのけでその美しい映像にただただ見とれるだけでした。映画って大画面で見るのが迫力があって良しと思っていたのですが、13.1型の画面でも思いっきり引き込まれました。

ノイズキャンセルヘッドホン

VAIO Zは、映像系だけでなく音声系も素晴らしいです。窓を開けっ放しで見ていたのですが、ノイズキャンセル機能が素晴らしく、電車や車の通る音とか人の声など普段窓を開けていたら聞こえる音が聞こえず、映画の世界に放り込まれました。映画のストーリーの緊迫した場面での無音の演出の時はほんとに無音で息を飲みました。

ヘッドホンの音自体も、5.1chの音声をヘッドホンで聴いているので音の臨場感は甘いですが、音のクリアさや立体感はなかなかです。カナル型ですがタッチノイズも少なめだと思います。

まとめ:はまります

ということで、以上がVAIO Zでのブルーレイ視聴の感想でしたが、結局3回見ました。VAIO Zの液晶+音でのブルーレイ視聴はかなり最高なんじゃないでしょうか。音の遮断性と大きくないモニタがそこに神経を集中させ、映画の世界に浸らせてくれるのかもしれません。今までPCの動画でこんなにはまったことないです。普通のリビングの大画面薄型テレビ+5.1chサラウンドシステムよりはまるんじゃないでしょうか。映画好きにはオススメです。コレ、ホントはまります。

PCでもネットやオフィス系よりAV系の方が、VAIOの、いやSONYの真骨頂なのかもしれませんね。

11476-884-170609

Related Posts


前の記事: SONY α NEX-5 触ってきました撮ってみました
次の記事: 今年のドライブ旅行を計画中