6月3日に発売されたSONYのデジタル一眼カメラα NEX-5を触ってきました。

PowerShot S90で撮ったNEX-5

お店にあった実機はブラックボディ+ズームレンズです。横に見えるシルバー+パンケーキレンズはモックです。SDカードを持って行って撮らせてもらいました。オートで撮って出しのJPEGをリサイズしたものです。(1枚目の画像はPowerShotS90、2枚目3枚目がNEX-5です。)

SONY NEX-5で撮りました
SONY NEX-5で撮りました

持った感じや操作感

ボディはコンデジのようです。ズームレンズが付いた状態でもとても小さいです。実物を見るまでは「無理に最小最軽量なんて狙わずボディに手ぶれ補正つけろよ!」と思ってましたが、そのスリムさに小ささに魅了されます。隣に並ぶマイクロフォーサーズPanasonic GF1やオリンパスE-PL1より、見た感じも持った感じもかなり小さく感じます。NEX-3ですら野暮ったく見えます。

実際に持ってみると、グリップが持ちやすくとても軽く感じます。ズームレンズをつけた状態でも軽く持ちやすいので片手撮りも問題なさそうです。カタログで見ていたときは「ズームレンズが大きすぎだし、レンズがボディからはみだすってどうよ」って感じでイマイチに見えていたのですが、実物を見るとサイバーで格好良く、レンズより小さいボディがイカしてました。

操作性はモードダイヤルすらボディに無くかなりシンプル。ほとんど同じモードでオートで撮るなら問題ないですが、Pモードにするのとかも一手間必要です。マニュアルを使いたい人にはちょっとイマイチかもしれません(ただし、メニューなど操作のレスポンス自体は素速く使いやすいです)。AF速度もPanasonicのG1やGF1にはかないませんがなかなか速いんじゃないかと思います。テンポも良くストレスはありませんでした。液晶は見やすく色も綺麗だし反応も素速く文句なしです。

画質

オートで店内を撮ってみました。店内は普通に電気屋さんの明るさですが、レンズがズームレンズでE18-55mm F3.5-5.6と暗いからかカメラの傾向なのか、結構ISOが1000とか1600に跳ね上がります。G1だとISO800が限界でしたが流石APS-Cセンサー、暗い場所だとどうかわかりませんが、明るい場所での写真だとISO1000でもノイズはあまり気になりませんでした。ISO1600だと、1600×1200のモニタで見て、解像感がちょっと崩れてました。

画質的には、レンズのせいかもしれませんが、PanasonicのG1・GH1・GF1のような解像感あふれるシャープさも立体感もありません。店頭で撮っただけなのでよくわからないですが私的には微妙だと思ってます。絵の色合いはSONYっぽいあまり脚色のないほんのり切ない感じで私は好きです。元々SONYの色合いは全くカラーバランスを変えなくてもいいほど完全に私の好みです。

動画も撮ってみました。最初WinXP環境でAVCHDの再生方法がわからずAVIに変換して見たのですがあまりきれいな感じはありませんでした。その後、Windows7のWindowsMediaPlayerだとAVCHDファイルが再生できることを知り、VAIO Zの1920×1080FullHD液晶で全画面表示で見てみました。静止画と同じ画質でしっかりフルHDできれいでした。レンズをズームしたりしましたがAFもちゃんと合ってました。

私はNEXをウワサのときから期待していて期待値が大きくNEXが発表されたとき、手ぶれ補正はレンズ側だし、レンズがでかくてデザインのバランスは悪いし、(買ったらほぼつけっぱになるだろう)パンケーキレンズの画角も使いづらいし、きっぱりスルーと思ってました。ですが実物を見て触ってみて、もっとブラッシュアップして欲しいところはあって完成度としては微妙な感じだけど、ボディの小ささとJPEGのSONYの色合いが魅力で「値段が安くなって、明るく使いやすい良いレンズが出たら買っても良いかも」と思ってます。(ただ、私が「値段が安くなったら」という条件をつけるときってだいたい買わずに次期モデルを買う傾向にあります^^;)

Related Posts


前の記事: 今さらですがMacBook ProにSnow Leopardをインストール
次の記事: FullHD液晶のVAIO Zでブルーレイをノイズキャンセルヘッドホンで視聴してみる:SONY VAIO Z レビュー05