iPad発売から1ヶ月が経ちました。店頭でちょこちょこと触ったことはあったのですが、友達が持っていたので先日じっくり触らせてもらいました。

iPad

やっぱり触っていて楽しいですね。トリコになります。ネットもスルスルとスムーズに見れますし、音楽もiPad全体が鳴っているかのような感じでしびれます。画像もスイスイです。操作性が抜群でコンテンツを見たり聞いたりするのに素晴らしいガジェットです。

触っていると夢中になり今すぐに欲しくなるのですが、買うとなると私にはあまり使い道がなさそうで躊躇します。レスポンスが良くさわり心地とかいいし、気負わず使えるのだろうけど、私のライフスタイルを考えるとベッドで寝しなにフト気になったときに天気予報みるくらいになりそうなのです。元々本もあんまり読まないのでブックリーダーとしても使わない。お遊びアプリ系は全く興味なくゲームもしない。外モバイル用途で考えるとキーボードがないのが私には厳しく、そんなに重さも大きさも変わらないVAIO PやXの方が(動作はモッサリなのでまだ待ちですが)使えそうです。一旦買ってしまうと使い込んで元を取らないと気が済まない貧乏性の私にはiPadはなかなか買うには至れません。

それなのにそれなのに、欲しくなって買いたくなるのがアップル製品の恐ろしいところですね。友達が言うには、発売日に買って数週間触りまくって最初のトキメキは過ぎ去ったと。今はあまり触っていないらしい。仕事にも使えないし、モバイルはMacBook Airだと。ほぼ部屋のオブジェらしいのですが、オブジェとして十分成立し満足なのがApple製品の素晴らしいところらしいです。見ていて満足、たまに触って幸せ、それがアップル製品だと。そういえば私もiPodはほとんどオブジェですがそれで良しですし、オニギリiMacもCubeもほとんどオブジェでしたが満足してましたね。iPad買おっかなー。

Related Posts


前の記事: iPhone 4 発売
次の記事: 座り心地の良いソファを探してます