Intel CPUのロードマップと価格変更に右往左往しながら組んだPC。
CPU:Pentium Dual-Core E2200 BOX
ベアボーン:Shuttle SG31G2
メモリ:CFD ELIXIR W2U800CQ-1GLZJ
HDD:Deskstar P7K500 HDP725050GLA360

買って2ヶ月ですが、私が購入したときより1万円くらい下がってます。

使い出して2ヶ月たっての感想・レビューです。

Shuttle SG31G2Intel Pentium Dual-Core E2200AOpen XCCube EZ65

以前のパソコンが
AOpen EZ65、Pentiumm4 2.4CGHz、RADEON 9550、
Deskstar 160GB、メモリ1Gという構成でした。
組み替えて、予想以上に快適になりました。

CPUが良いのかHDDが速いのかかなり速くなりました。快適です。

起動の速さ、デジカメ画像がたくさん入ったファイルを開くなど
細かい動作でも速さは体感できますし、
イラレの保存、EPS画像の入ったPDF閲覧、
DVDをiPodで見れるように編集するときなど
前のパソコンで重いと感じてたこともかなり速くなりました。
日常的には重い作業することはなくたまに重い作業をするんですが、
そのときのストレスが少なくなったのが嬉しいです。

ベアボーン、HDD共に音も静かですし、発熱も問題ないです。
2008年第2四半期からIntel CPUの新製品が続々出てくるので
CPU換装くらいはするかもです。それも楽しみです。

Related Posts


前の記事: iDriveのAV機能を試す!BMW335iカブリオレファーストインプレッション
次の記事: DVDレコーダー Panasonic DIGA DMR-XP12 購入:衝動買いしました