auのスマートフォンISシリーズを触ってきました。普段はモックしか置いていないお店なのにIS01IS02も両方実機を置いているなんて力の入れようを感じます。

au IS01 IS02

アンドロイドがOSのIS01はスマートブックと謳っていて5インチ液晶で電話とは思えないくらい大きいです。持った感じは思ったより軽くてキーボードも打ちやすく、トラックボールもタッチパネルもレスポンス良いし使いやすく、モリサワフォントも読みやすくネットの使い勝手は良さそうです。ブログやSNSの使い勝手は特に高そうです。アプリが立ち上がるまでの動きはちょっとモッサリしてましたが、アプリが立ち上がると普通に動いてました。同じモデルでドコモからLYNX SH-10Bと言う機種が7月に発売予定です。OSのAndroidはアップデートが速くどんどん進化するので先が楽しみです。

Windows phoneのIS02は4インチ液晶で普通にスマートフォンのサイズです。スライド式キーボードですが結構薄いです。デザインも良いしサイズ感や持ち心地はIS02の方が手に馴染みます。

iPhoneに触発されてか各メーカースマートフォンに力を入れてきてますね。ドコモもXperiaは売れていますし、IS-01のドコモ版LYNX SH-10Bも出るし、年内に7機種スマートフォンが発売予定でGalaxy Sベースの機種も発売されるようです。2011年4月からSIMロック解除できるようになるし、オサイフケータイやiモード対応機種も出るとかでないとか。ガラケーとスマートフォンが融合した便利な魅力的な機種が出るかもと楽しみになりますね。

Related Posts


前の記事: 座り心地の良いソファを探してます
次の記事: 丸永 白くま アイス シーズン到来