海外で先行発表されていたパナソニック LUMIX DMC-LX5が国内でも発表されました。8月20日発売です。

LUMIX DMC-LX5

レンズは、35㎜換算24-90㎜F2.0-F3.3のライカ DC バリオ・ズミクロンレンズ。センサーは新開発の1010万画素1/1.63型CCD。画像処理エンジンもヴィーナスエンジン FHDと新しくなってISO800が常用できるほど高感度に強くなっているらしいです。レンズ、センサー、エンジン全てが進化していて画質的にとても楽しみです。

機能面も進化してます。手ぶれ補正が強力になり、液晶は見やすくなっているようです。AF速度も速くなり、レスポンスも速くなっています。GF1並みにジャコジャコ気持ち良く撮れるといいですね。動画は1280×720でAVCHD Lite動画に対応しました。SDXCカードにも対応です。

レンズキャップが手動のままのようなのが残念ですが、カメラとしてLX3から正統進化していてとても楽しみです。S90と撮り比べてみたいです。

Related Posts


前の記事: MacBook Proが修理から帰ってきました
次の記事: ヤマダ電機LABI池袋日本総本店で冷蔵庫「三菱MR-E45R」を買いました