12111-884-177293

先日シャープの液晶テレビAQUOS『4原色革命、「クアトロン」誕生秘話』イベントに参加してきました。エコポイントに踊る私は今年中にテレビも買おうと思っているので興味アリアリで行ってきました。

クアトロンの技術的な特徴としては、今までのUV2Aパネル+LEDライトの技術に加え、4原色パネルを搭載したことです。テレビの映像の色は赤緑青3色(RGB)の組み合わせで全部表現されているのですが、黄色(Y色)を足した4原色にすることで今まで表現できなかった色が表現できたり高精細になったりとっても綺麗な映像になるというのです(技術的な詳細情報はコチラ)。この技術は画質を根本的に進化させる革命的な技術らしく注目度は桁外れらしいです。

クアトロンの画質

実際に並べて見てみると一目瞭然で美しいです。左のテレビが昨年2009年3月発売のAE6シリーズ、右がクアトロンです。3原色の映像(左)と4原色の映像(右)です。

AQUOS AE6とLX3の色の違い
AQUOS AE6とLX3の色の違い
AQUOS AE6とLX3の色の違い

黄色と金色がキレイと言われていて金色の輝き感とかひまわりの立体感とかがパっと見でわかりやすい(1、2枚目の画像)のですが、3枚目の画像のようにグラスの透明感と青色のクリア感もとてもキレイで驚きました。G色グリーンの色域が広がっているので青の表現力が上がっているらしいです。見学気分で見てるだけなので「おおークアトロンすごい!」くらいですんでますが、一旦クアトロンの映像に慣れてしまうと他のテレビだと物足りなくなりそうですね。

クアトロンのラインナップ

クアトロンのラインナップは、3Dモデルの「LV3」、2Dトップモデルの「LX3」、薄型デザインの「XF3」の3機種。下の画像では左から「XF3」「LX3」「LV3」です。

シャープ AQUOS クアトロン LV3 LX3 XF3

今年中にテレビを買い換える予定の私は「私が買うならどれを買うだろうか」とチェックしてみました。映り込みが一番強いXF3はパス。3Dもまだ傍観なのでLV3もパス。色合いも微妙に違うくて(もちろん調整はできるのでしょうけど)LX3はちょっと赤みが強めで、黄色が強いLV3やXF3より好みの色合いです。ということで、私が買うならクアトロンLX3です。

イベントレポートその2へ続きます

12111-884-177293

Related Posts


前の記事: ヤマダ電機LABI池袋日本総本店で冷蔵庫「三菱MR-E45R」を買いました
次の記事: Giga Pocket Digital フィードバックミーティングに参加してきました(前編)