WindowsでATOK 2010を使ってとても良い感じだったので、MacBook ProにATOK 2008からの乗り換えでATOK 2010 for Mac Premiumを買いました。

ATOK 2010 for Mac Premium

Mac版ATOK2010はATOK2008からの乗り換えで設定や変換がそのままだからか変換精度や提案能力にそれほど大きな変化は感じません。

Windows版のATOK 2010はMS-IMEからインストールしたので変換精度が一気に高まった感じもあり、校正支援機能や入力支援機能で色んな表現をバンバン提案してくれた印象なのですがMac版はほとんど提案してくれません。辞書に関してもWindows版のATOKはジャンジャン表示してくれて文章打ちながら勉強になったりした印象でしたがMac版はそれほど発動してくれません。せっかく辞書の多いPremium版を買ったのにもったいない気がします。

それでもやっぱりATOKは基本的な性能がしっかりしていて、変換精度は良いですし、カタカナ打ちをして英語に変換できたり、省入力・推測モードなど便利な機能も充実してます。速度も2008に比べて速くなっています。文章打つのが楽ですし文字を打つのが楽しくなります。性能の良い道具を使うとその作業が楽しくなります。気に入って愛用しています。

Related Posts


前の記事: 島根県松江市「みな美」で鯛めし
次の記事: Canon PowerShot S95 発表