12154-884-178551

ソニーのテレビ活用アプリGiga Pocket Digitalレビュー。今回は私が楽しみにしていた機能ダイジェスト再生機能についてです。

ダイジェスト再生機能は、Giga Pocket Digitalが番組の歓声や動きを解析しダイジェストして再生してくれる機能です。すごいですね。パソコンならではの機能でレコーダーには無いです。ダイジェストは五段階になっていて、短め→少し短め→おすすめ→少し長め→長めで設定できます。

実際にどんな感じなのか試してみました。

ドラマを長めでダイジェスト

ダイジェスト(長め)でCMがカットされてます

青色のゲージが番組で歯抜けになっているところがダイジェスト(カット)された部分です。

基本的に長めでのダイジェストはCMを飛ばしてくれる設定になっているようです。バッチリCMを飛ばしてくれてます。これは便利ですね。

プロ野球中継をおすすめでのダイジェスト

ダイジェスト(おすすめ)だとこんな感じです

次はプロ野球中継をおすすめでダイジェスト再生してみました。Giga Pocket Digitalの番組解析能力はなかなかやります。賢いです。ズバズバダイジェストしているのに、ヒットやホームラン、チャンスとか点数が入ったり観客が沸いた部分はしっかり見れます。

ただ、前半は良い感じでダイジェストできているのに後半はダイジェストなしでほとんどそのまんまでした。もちろん試合後半で盛り上がっているというのもありますが、代打やピッチャー交代のコールで盛り上がり、素振りや投球練習のシーンがまるまる映っていたりします。

プロ野球中継を短めでダイジェスト

ダイジェスト(短め)だとこんな感じです

次はプロ野球中継を短めでダイジェストしてみました。今度はバッチリですね。プロ野球ニュースや本日のハイライトよりも試合を堪能できます。盛り上がりのシーンはしっかり残しながらバッサリダイジェストしてくれます。この試合で一番手に汗握った勝負(8回ウラの久保vs城島)がダイジェストでもしっかり見ることができ大満足です。

まとめ

ドラマのダイジェスト(長め)でのCMカット、プロ野球中継のダイジェスト(短め)はバッチリでGiga Pocket Digitalにお任せのまんまそのまま番組を楽しむことができました。十分使えます。スポーツをよく見る人やCMが不要の人にはオススメの機能だと思います。

フィードバックミーティングでは、何分にダイジェストできているかわかるようにして欲しいと言う意見や、ダイジェスト再生中は早送り巻き戻し機能が使えない(設定した秒単位での早送り巻き戻しができるフラッシュ機能は使えます)のがちょっと残念だという意見が挙がっていました。もしかしたら改善されるかもしれません。アップデートが楽しみです。

12154-884-178551

Related Posts


前の記事: 手打ちそば かけはしでお蕎麦
次の記事: 島根県松江市「みな美」で鯛めし