8月7日土曜日、夏真っ盛りですっごい良いお天気だったので、1000円高速を利用してひつまぶしを食べに名古屋へドライブに行こうと、高速料金・ルート検索サイトドラぷらを調べると渋滞予想がとんでもない数字になってました。なんとお盆1週間前なのにもう帰省ラッシュで渋滞が始まってるらしいんです!

渋滞予報カレンダーでは、お盆ラッシュでどこの高速もほぼ渋滞。ウチの界隈で唯一空いているのは中国自動車道のみ。ということで中国自動車道で行ける島根県の三瓶アイリスラインにドライブに行ってきました。日本百名道にリストされています。

BMW335iカブリオレ in 三瓶アイリスライン 西の原
三瓶アイリスライン 西の原
BMW335iカブリオレ in 三瓶アイリスライン 西の原三瓶アイリスライン 東の原BMW335iカブリオレ in 三瓶アイリスライン 西の原

宝塚ICは(いつものように)若干混んでいるけど、西宮北ICから西はガラ空き。 中国自動車道→米子自動車道を走り、松江でお昼ご飯。松江から一時間半くらいで到着です。

三瓶アイリスラインは三瓶山をぐるっと周回する道路で一周30分くらいで走れます。草原や牧場がある西の原が一番気持ちよいですが、高原道路、山道、ダムなどいろんな側面を楽しめるコースです。山なので気温も市街地より低くとても気持ちよかったです(市街地33℃で三瓶アイリスライン26℃)。キャンプ場やスキー場もあり、ハイキングやサイクリング、運動部の合宿もしていました。(三瓶山については島根県大田市公式サイト銀の旅路ぎんたび.ねっと国立公園三瓶山のページへどうぞ)

三瓶アイリスラインもそこに至るまでの道も帰り道もとても気持ちよく交通量も少なく、長時間楽しめる素敵なドライブコースでした。思いっきり満喫しました。

Related Posts


前の記事: Giga Pocket Digital フィードバックミーティングに参加してきました(後編)
次の記事: シャープ AQUOS クアトロン誕生秘話イベント レポート その2