12628-884-181460

ビクターのウッドコーンオーディオシステムのイベントに参加してきました。イベントは開発者のお話を聞き、実際に視聴するという構成でした。

Victor EX-AR7

ウッドコーンスピーカーとは、振動板が木でできたスピーカーのことです。よくある紙やアルミの振動板と違って音響特性が優れていて自然な原音に近い音を再生できるそうです。「原音探究」が理念のビクターならではです。

異方性ウッドコーン振動板

ウッドコーンスピーカーは着想から20余年。初期型から7年。いまだひたすら進化を続けています。ウッドコーンスピーカーの振動板は羽根をつけて音の広がりをさらに良くしたり、吸音材、ボビン、キャビネットなどパーツ1つ1つが洗練されているそうです。より詳しい説明はビクターのウッドコーンオーディオシステムスペシャルサイトへどうぞ。

パーツ1つ1つにこだわりがあります

開発者のお話を聞いた後、フラッグシップモデルのEX-AR7で実際に聴いてみました。

まずはビクターが用意してくれたソースで聴いてみました。ズバリすごいです! 小さなスピーカーに思えません。自然の音や女性ボーカルなど、まさしくそこにいるようです。風景がそこに浮かび上がります。空間を再現してくれます。響きとか息づかいとか音に包み込まれ、しびれました。すごいです。

次に参加者が持ってきたソースを聴くコーナーです。私が持って行ったCDもかけてもらいました。とても良い音なのですが、ビクターが用意してくれたソースにはかないませんでした。これだけハードがしっかりしてソフトを生かし切ってくれると、ソフトの良し悪しがわかるのかもしれません。参加者が持ち寄ったCDで一番良い音だった(と私が思った)ソースはビクターのCDでした。ビクターはハード部門とソフト部門が連携してソフトもつくっているらしく納得でした。まるきり違いました。

最近は便利さでiPodやウォークマンで音楽を聴くことがほとんどですが、やっぱりコンポって良いなーと思わされました。良い音って感動しますね。もっとじっくりたっぷり聴きたくなりました。

12628-884-181460

Related Posts


前の記事: Wordpressのビジュアルエディタが動かなくなりFirefoxをバージョンダウンすると直りました
次の記事: 新型 SONY WALKMAN 発表