スマートフォンの新機種がジャンジャン発表されている中、ケータイをdocomo SH-06Bに機種変更しました。

秋冬モデルを見てから機種変更しようと思っていたのですが、近所のヤマダ電機に薄型テレビを見にいったらケータイのセールをやっていてサクッとくいつきました。やっとバリュー化完了です。

docomo STYLE series SH-06B
docomo STYLE series SH-06Bdocomo STYLE series SH-06Bdocomo SH-06BとN901iC

SH-06Bのデザインは薄型軽量なので堅牢性はあまり感じませんがシンプルで気に入っています。機能については、ほぼ通話とメールしか使わないので文句ないです。レスポンスはサクサクですし、液晶も解像度が高く(今では普通の480×854)、発色もキレイです。

さらに言えば2005年モデルのN901iCからの機種変更なので機種の進化に驚いてます。きせかえツールでメニュー画面がいじれるだけでなく、フォントもダウンロードしてきて自分好みに設定できるようになっているのですね。私はケータイサイトもあまり見たことなかったのですが、サイトの充実ぶりも含めてガラケーのすごさを思い知りました。日本人のガラパゴス力ってすごいですね。

カメラ機能は、デジカメばかり使っていて他のケータイのカメラがどんな感じかわからないので比較できないのですが、N901iCより起動も保存も速く使いやすいです。画質は、ケータイの3インチ液晶で見るとキレイに見えますが、PCで見るとISO120なのにノイジーです。

ケータイは慣れてしまうと何とも思わないのですが、買ってから慣れるまでの2週間くらいがとても楽しいです。 普段だいたい月に3000パケットくらいしかいかないのに、色々ダウンロードしたりして昨日と今日だけで15万パケット越えてます。

Related Posts


前の記事: 真空管アンプが奏でるiPodを聴く:iPod対応真空管アンプシステムVAZIO T-2レビュー
次の記事: Mia Albergoでランチ @兵庫県神戸市 舞子