BMW335iカブリオレ、E93のレビューです。 納車されてから天候に恵まれず、オープン状態を満喫できずに3週間くらい経ちましたが、4月20日、21日、22日とオープン日和。オープン三昧を味わいました。

阪神高速湾岸線をオープンで、芦有道路をオープンで、裏六甲をオープンで、街乗りをオープンで、芦屋から和歌山のマリーナシティまでiDriveを頼りにオープンで、思いっきりBMW335iカブリオレのオープンを味わいました。

BMW 335i カブリオレ E93 レビュー 画像
BMW 335i カブリオレ E93 レビュー 画像BMW 335i カブリオレ E93 レビュー 画像BMW 335i カブリオレ E93 レビュー 画像
BMW 335i カブリオレ E93 レビュー 画像BMW 335i カブリオレ E93 レビュー 画像BMW 335i カブリオレ E93 レビュー 画像

で、インプレッションです。

BMW335iカブリオレは、BMW Z4やPORSCHE BOXTERとは違った味付けです。BMW Z4やポルシェボクスターのようなスポーツ感あふれる感じはあまりありません。
BMW335iカブリオレは、パワフルなエンジンを積んでいて踏めばカッ飛んでくれますが、あくまでエレガント。気持ちよく開放感を感じながらゆったりドライブがぴったりです。

乗り心地も快適で、スパルタンでタイトな感じは全くなく、広々した室内で後部座席に手荷物を置いてエレガントにゆったりドライブという感じです。そんな味付けの効果なのか、3日連続7時間くらいドライブしましたが、ウキウキしているのもあってか疲れは全く感じませんでした。ロングドライブも疲れ知らずでした。

ちなみに私の感覚では、Z4はゴーカート。ボクスターはゲームセンターの車ゲームです。Z4、ボクスター共にスポーツ感あふれていて5,6時間乗ると一試合終わったみたいに、私は翌日グッタリでした。

風の巻き込みも気になりませんでした。ウィンドディフレクターなしでも、前席は窓を閉めていれば120kmでも風の巻き込みは気になりません。
後部座席に紙袋を置いていたのですがバタバタたなびいている音がしていたので、後部座席の人は風の巻き込みが気になるかもしれません。

BMW335iカブリオレは、オープンでも、エンジンがアグレッシブでも、エンジン音が挑発的でも、乗り心地はあくまでエレガントでゆったり気持ちよくドライブを楽しめる車です。

ただ、これからはオープンで高速道路、街乗りはやめようと思いました。
顔がパリパリに乾燥しますし、排気ガスで喉はイガイガ、車内は埃っぽく汚れます。

ファーストインプレッションで文句ばっかり書いたiDriveのナビ機能ですが、慣れてくると使いよく感じてきました。iDriveのセカンドインプレッションは次回アップします。

Related Posts


前の記事: Intel Core2Duo E7200発売とCore2Duo E6850価格改定:3Ghz CPUが2万円切り!
次の記事: VIERA TH-50PZ80とPS3に決定:プラズマテレビ買い替え計画