13204-884-194082

みんぽすモノフェローズでDENONのホームシアターシステム DHT-S311をお借りしました。

DENON ホームシアターシステム DHT-S311

DHT-S311は簡単接続・コンパクトがウリのシアターシステムです。HDMIケーブルでリンク機能が働き、テレビのリモコンひとつで操作可能。CMの音量を自動で調整してくれたりと基本的な便利機能はバッチリです。音に関しても日本人の頭部を基本データに使い日本人に最適なサラウンド再生をしてくれるそうです。

DENON シアターシステムDHT-S311 フロントスピーカー

接続・セッティングがとても簡単

接続・セッティングはとても簡単です。ウーハーとフロントスピーカーを専用ケーブルで接続。ウーハーとテレビもケーブル一本で接続。後はウーハーの電源を入れれば完了です。(光デジタルケーブル付属・HDMIケーブル別売です)

フロントスピーカーは足の高さ・位置を2段階で調節でき、ウチのテレビは37インチなのですが、テレビの前にテレビの足の隙間にピッタリコンパクトに収まってくれます。

DHT-S311はエントリーモデルで拡張性や細かい設定はあまりできないのですが、配線やら複数のスピーカーやら設定ががめんどくさい私にはこのシンプルさは好印象です。

DENON シアターシステムDHT-S311 サブウーハー

テレビとは別次元の音です

音はさすが全然違いますね。テレビとは別格です。一発で誰でもわかるくらいテレビの音がグレードアップします。全体的にクリアな音でセリフが聞きやすくニュースとかバラエティとか普通の番組でも十分にDHT-S311の音は楽しめますが、やっぱり映画が素晴らしいです。スピーカーがないところから音が聞こえてきたりとか、低音に迫力があって効果音とか臨場感とか細かい音とかも鮮明でテレビのスピーカーとは別次元の音場が広がります。音の包まれ感はあまりありませんが広がりはしっかり感じられます。あんまり面白くない映画でも音の良さに釘付けになります。

DHT-S311を使っていて個人的にとっても感動したのは、フィギュアスケートグランプリファイナル女子アリッサ・シズニーのフリーの演技です。「Winter into Spring」からの曲らしいのですがピアノの響きとか打鍵感とかがもう素晴らしく、アリッサ・シズニーのスケートの素晴らしさと相まってしびれました。鳥肌がたちました。DHT-S311借りれて良かった~としみじみ思いました。

DENON ホームシアターシステム DHT-S311

http://www.denon.jp/jp/Product/Pages/Product-Detail.aspx?CatId=9435625a-cc70-40e3-9319-d8e2db09de1f&SubId=8387bc59-bc9a-4a7f-ac10-e44b615bb13f&ProductId=5b744c0c-e240-41da-92f5-e7e7cc91230d

13204-884-194082

Related Posts


前の記事: New BMW335iカブリオレ E93 LCIモデル 買いました
次の記事: 淡路島 兵庫県道71号富島久留麻線をドライブ