以前、「iDriveのナビ機能を試す!BMW335iカブリオレファーストインプレッション」でかなり辛口なレビューをしました。(iDriveは2008年度モデルのものです。2009年モデル以降はかなり改善されています。iDrive2011年モデルのレビューはコチラ。)

納車されてスグのインプレッションで前のナビ、クラリオンカーナビの慣れがある状態で前のナビとの比較になって辛口レビューになりました。それを反省し、iDriveに慣れてきたのでもうチョット好意的なレビューをしてみます。

iDrive 地図

 iDriveの画面と地図表示

iDriveの地図表示は粗いです。
画面も車外ナビに比べて小さいので見づらいです。慣れれば問題ありません。

アシスタント画面(3分割画面の右画面)はとても気に入ってます。
アシスタント画面を3Dビューに設定するととても見やすくなりました。

 iDriveのルート案内

アルパインの時短ナビのクセだとおもいますが、ルート案内については、大通り、セコ路地かまわずルートを引く傾向があります。距離、時間が短縮できるなら走りやすい走りにくいとかかまわずルートを引くので、大通りでスイスイ気持ちよく走って時間が短縮できるのに、路地に案内されて狭い人通りの多い走りにくいルートへ連れて行かれることが多いです。

でも、これも慣れれば問題なくなります。iDriveのクセを見極めて、案内されたルートを無視して走りやすいルートを自分で走っていればいいですし、道を間違ってしまったときにナビの案内に従えばいいだけです。

渋滞回避機能が強力です。ちょっとの渋滞でもソッコーで回避ルートを引いてくれます。これも渋滞を走っていた方が時間短縮になることがよくありますが、慣れで対応できます。

私がiDriveのナビで一番便利だと思うのは、レーン表示です。右折レーン、左折レーンを表示してくれるので、車線変更に気を使わなくてすみます。

iDriveの操作性も慣れてくるとタッチパネルより使いやすいです。2009年モデルからiDriveのコントロールダイヤルに改良が加えられるようですが、今のダイヤルでも使い勝手はまあまあ良いと思っています。

 iDriveナビ機能:私の結論

「生真面目でやや神経質なナビ」というのが私の印象です。アバウトな私は、生真面目でやや神経質なナビの意見を参考にしつつベストなルートを自分で考えながらiDriveと一緒にドライブするというスタンスでiDriveと付き合っています。

画面表示以外は慣れれば使い勝手はまぁまぁ良いです。
基本的には慣れてくればダイヤルもかっこいいですし満足してます。

Related Posts


前の記事: VIERA TH-50PZ80とPS3に決定:プラズマテレビ買い替え計画
次の記事: まっぷるベストドライブシリーズのコースを日本全国制覇する企画「ドライブ・ラヴラヴ!」スタート