Mercedes-Benz CLS-CLASSのフルモデルチェンジが日本でも発表され2月18日から販売開始されました。

Mercedes-Benz CLS-CLASS
メルセデス・ベンツ CLSクラス

4ドアクーペがコンセプトのCLSクラスは、6年ぶりのフルモデルチェンジです。先代デビューのときはあのデザインにすごい衝撃をうけたのを覚えてます。

新型CLSは、3.5リッターV6エンジンの「CLS 350 BlueEFFICIENCY」(930万円)と、AMGの5.5リッターV型8気筒ツインターボエンジンの「CLS 63 AMG」(1625万円)の2モデル。350のエンジンが最大出力・トルクが306ps、37.7kgmで、BMWの3リッターターボエンジン(306ps、40.8kgm)と同じくらいのパワーでしょうか。燃費は350で14.7km/L、63で10.1km/L(欧州モード)ととても良いですね。

かっこいいですね。先代よりクーペ感がちょっと薄れてエレガントさが増した感じでしょうか。早く実物を見てみたいです。

Mercedes-Benz CLS-CLASS

http://www.mercedes-benz.co.jp/passenger/car_lineup/cls-class/

Related Posts


前の記事: PHIATON ヘッドホン Moderna Series MS400 レビュー:1ヶ月くらい聴いてみて
次の記事: @nifty WiMAX × NEC Aterm WM3500R レビュー:設定や回線速度・使用感など