現在ヘッドホンを買おうと、予算2万5千円あたりでPCオーディオ用途のマイベストヘッドホンを探すべくチョコチョコ試聴しに行ってます。全く真っ白状態だった第1回ヘッドホングズグズから4回ほど試聴しにいき、(そのときの気分や体調によってマチマチですが)自分好みの音がある程度しぼれてきました。

レビューを読んでいると「中高音」「フラット」「繊細」「解像度が高い」「モニターライク」などの言葉に惹かれていたのですが、実際に聴いてみると私はドンシャリや低音が好きで、細かい音も鳴る繊細さもありつつ太く柔らかい音が好みで、響き(空間?)重視、モニターライクよりも聴いていて楽しいリスニング的な音が好み、装着感も気にする感じでした。

PHIATON PS500とDENON AH-D2000と :ヘッドホン試聴記

機種的には、PHIATON PS500DENON AH-D2000の2つに絞れてきました。この2つは、中高音の質も高くそしてよく響く低音に支えられているピラミッド型の傾向です。試聴した感では両方私の好みでどちらを買っても良さそうなのですが、そうなるとグズグズとどっちも買えなくなるのでどちらかを積極的に選ばねばなりません。ということでこの2つを比較したいと思います。

基本的な私の好みは両方とも満たしていて細かいところの比較になります。装着感は両方とも良いが、フィアトンPS500の259gに比べてデノンD2000は350gと重い。ケーブルは両方とも布巻でちょい太め。

音はフィアトンの方が輪郭がはっきりでていて鮮やかで派手、しかもとがっていないし刺さらず聴いていてコギミ良く気持ちよい。 デノンの方が音が太く丸くゆったりしていて長時間聴いていてもBGM的に聴いていても全く疲れない。積極的に楽しく聴くならフィアトン、まったりイージーに聴くならデノン。試聴した限りではそんなイメージでした。

予算オーバーなデノンの上位機種AH-D7000/D5000にも心揺さぶられましたが、近々PHIATON PS500かDENON AH-D2000どちらかを買いたいなーと思っています。

Related Posts


前の記事: ル・クールでディナー@ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド
次の記事: ヘッドホン B&W P5 Mobile Hi-Fiがやってきた