ついにヘッドホンを買いました。前回の試聴記ではPHIATON PS500とDENON AH-D2000が候補だったのですが買ったのはSENNHEIZER HD598。

SENNHEIZER HD598

HD598にした理由は、フィアトンやデノンと同じく低音響き系の音で私の基本的好みは満たしていることと、「どのヘッドホンを買うか今日の試聴で決める!」と意気込んで行った当日の気分や耳の調子がHD598にピッタリだったことです。

あまり厳しい耳を持っていない私には、音ってゴハンと同じで好みや気分に色濃く影響され、ある程度好みの音なら後はその日の気分や体調次第です(汗)。今日はハンバーグが食べたいな今日はラーメンが良いなってのと同じように、今日はフィアトンの音が良いな今日はデノンだなって感じで、買いに行った当日はゼンハイザーHD598がピッタリでした。

SENNHEIZER HD598

あとは、カラーリング。ベージュとブラウン・ウッドの組み合わせがウチの車の内装と同じで私の好みでした。先日までお借りしていたB&W P5に比べてつくりはプラスチッキーでチープですが、お値段はお手頃です。

SENNHEIZER HD598

とこんな感じでSENNHEISER HD598を買いました。現在鋭意エイジング中です。(レビューはコチラ

Related Posts


前の記事: ヘッドホン B&W P5 Mobile Hi-Fi レビュー
次の記事: 三菱冷蔵庫 光ビッグ MR-E45R レビュー01:デザイン・収納・音など