Windows7 SP1やIE9も発表され、USB3.0やSATA3.0がついたSandyBridgeチップセット不具合修正版のB3ステップのマザーボードも出揃い、沸々と自作欲が湧いてきています。今のPCは特に不具合があるわけではないのですが、2008年に組んだのでスペック的に古さを感じるのです。

Windows 7

ただ、今は、USB3.0がフロントについたケースがほとんどなかったり、来年のIvyBridgeだと22nmにシュリンクされ消費電力は下がり、チップセット自体がUSB3.0をサポートするし、ケースも出揃いそう。来年だとあわよくばThunderBolt端子付きのマザーも出るかもしれない。

インテルのCPUのロードマップや私の自作周期を考えると、来年のIvyBridgeまで待った方が良さそうだし、とりあえずいまSandyBridgeで組んで来年CPUだけIvyBridgeに載せ替えようか。とかグズグズ悩み中です。

Related Posts


前の記事: Marantz NA7004 レビュー 音質編
次の記事: SENNHEISER HD598 ヘッドフォン レビュー