先日PCを買い換えようかとソフマップドットコムをウロウロしていたとき、USB接続の地デジチューナーKTV-FSUSB2/V2が目にとまり買ってみました。私はあんまりテレビを見る方ではなくシングルチューナーのレコーダーでもだいたい事足りているのですが、お値段も3980円と安かったので年末年始の特番対策用にとポチりました。

フルセグ・ワンセグTVチューナー KTV-FSUSB2

ボディはこんな感じで非常にコンパクト。接続も簡単なのですが、なんと、私の環境では「COPP 対応不可 ご利用の環境では動作不可能です」というエラーが出て見ることができません。

フルセグ・ワンセグTVチューナー KTV-FSUSB2

テレビ関係のことは全く詳しくないのでネットで調べてみると、どうやら地デジは著作権的なコピー的な規制が色々あるらしく、そしてハードのスペックにも規制があるらしく、ウチのモニタFlexScan L887がHDCPというものに対応しておらず見ることはできないそうだ。というかKTV-FSUSB2の公式サイトにも注意書きで書いてました。

それでも無駄になるのは悔しいので、なんとか地デジを視聴録画できないかとさらにネットで調べてみると、改造すると視聴できるようになるらしく、そして録画ファイルを普通に扱えるTS抜きというのもやれるらしいということでした。

ということで早速改造してみました。本体裏側のシリアルナンバーによって改造方法がちがうのですが、私のKTV-FSUSB2のシリアルはK1102から始まっているもので、基盤のピンを一本カットするだけでとても簡単でした。

K1102 基盤はここをカットするだけ

ピンをカットした後ファームウェアとかドライバとかをいじるのですが、「すらりん日記:USBチューナー(KTV-FSUSB2 K1102)でTS抜く! 前編」を参考にしました。素晴らしくわかりやすく手順が説明されていて、単語とか仕組みとか全く理解してないままでも説明どおり手順を踏んでいけばバッチリ成功しました。

TVTestで地デジ視聴

視聴ソフトはKTV-FSUSB2付属のものではなくTVTestというソフトを使っているのですが、 非常に軽くて使いやすいですし安定しています。あとは、録画予約のソフトを入れれば完了です。とても便利です。

Related Posts


前の記事: SENNHEISER HD598 ヘッドフォン レビュー
次の記事: 最近買ったもの:インクカートリッジリセッターとコスロンフィルター