2ヶ月ほどグズグズと迷った結果、デスクトップPCをリプレイスしました。

Core i3 2100、H67、SSDで組んでみました。

構成パーツは以下の通り。ソフマップとドスパラで合計4万5千円くらいでした。(リンクはconeco.netのプライスリスト。最安値が調べられます。)

SilverStone SG06B

Sandyはメモリとの相性がシビアとか鉄板マザーが不在とか微妙なクチコミが多く不安いっぱいで組んだのですが、今のところ素晴らしい安定感で動いてくれています。

速さ的には、Core 2 Duo E8400+G31チップ(オンボVGA)+HDDからの乗り換えですが、フルHD動画の動きの滑らかさや起動・アプリの立ち上がりの速さは十分に体感できます。

特に、SSDの効果で起動が30秒かからないくらいになり、以前はスリープばっかり使っていたのですが電源を切るのに抵抗がなくなりました。

Windowsが立ち上がった後は重い作業はあまりしないので感動するほどの違いはありませんが、全体的にモッサリ感がなくなりキビキビ感がグッとアップしている感じです。

パーツごとの細かいレビューは後日アップする予定です。

Related Posts


前の記事: 最近買ったもの:インクカートリッジリセッターとコスロンフィルター
次の記事: メルセデス・ベンツ SLK-Class 日本発表