今回PCを組むにあたって起動ドライブにSSD Crucial M4 64GBを入れました。Cricial RealSSD C300後継モデルなのですが、RealSSD C400という名称はOEM(?)のMicronのSSDに引き継がれ、M4 SSDという名称になっています。3年保証つきです。

Crucial m4 CT064M4SSD2

SandForce製のコントローラーSF-2281を搭載した最速のOCZ SSD Solid3シリーズAgility3シリーズと迷いましたが、SATA6GbpsのSSD同士なら体感差はあまりなさそうだし(推測です)、OCZ 3シリーズの60GBモデルは発売前で待ちきれなかったのでCrucial M4にしました。

Crucial m4 CT064M4SSD2

Crucial M4 SSDのスペックは以下の通りです。

64GB 128GB 256GB、512GB
Sequential Read 415 MB/sec (SATA 6Gb/s)
Sequential Write 95 MB/sec 175 MB/sec 260 MB/sec
Random 4k READ 40,000 IOPS
Random 4k WRITE 20,000 IOPS 35,000 IOPS 50,000 IOPS

CrystalDiskMarkでベンチマークをとってみました。

Crucial m4 CT064M4SSD2のCrystal Disk Markベンチ

速いですね-。体感でも十分に速いです。Windowsの起動で30秒かからないくらい。アプリの起動も速いですし、全体的にキビキビ感がアップしてます。今のところプチフリもないですし大満足です。

Related Posts


前の記事: メルセデス・ベンツ SLK-Class 日本発表
次の記事: CPU Intel Core i3 2100 3.1GHz レビュー01:体感速度や温度・発熱など