今回組んだPCのマザーはASRock H67M-ITXにしました。

コアキシャル端子付き、サウンドチップにS/N比108dBのRealtek ALC889、USB3.0コントローラーにルネサスを積んだギガバイトと迷いましたが、DVIがなく安定性と発熱が微妙という口コミを見ていたのでASRockにしました。

ASRock H67M-ITX マザーボード

ASRock H67M-ITXのレイアウトはSATAコネクタの位置がP/Sコントローラーの上にあるのがめずらしいくらいでオーソドックスな感じです。構成チップはUSB3.0コントローラーにEtron EJ168、サウンド Realtek ALC892、NIC Realtek RTL8111Eです。

ASRock H67M-ITX マザーボード
ASRock H67M-ITX マザーボード I/Oポート

メモリにCFD W3U1333Q-2G x2での組み合わせですが全く問題なくド安定で動いてます。発熱もあまりなくケース内温度は30℃前後です。

Windowsを4秒で起動させるInstant BootやUSBの転送速度を向上させるXFast USBなどユーティリティも充実してます。低発熱、安定性抜群なマザーです。

唯一残念なところはデュアルBIOSなどBIOS復旧機能がないところです。IvyBridgeに載せ替えるときBIOSアップデートは必須らしく、失敗することはあまりないのでしょうがBIOS復旧機能があるといざというときの安心感があります。

Related Posts


前の記事: Intel Core i3 2100 3.1GHz レビュー02:HD2000ベンチ結果
次の記事: PCケース Silver Stone SST-SG06B レビュー