四国ドライブの夜ご飯。本場高知で鰹のタタキを食べて帰ります。目指すはテレビでも紹介されたりして有名な明神丸ひろめ市場店。

居酒屋が集まったようなフードコートのような感じの高知の有名な御食事・観光スポットひろめ市場の中に明神丸はあります。さすが観光スポット、6時前だというのにかなり賑わっていて席の取り合い状態になっていました。

藁焼き鰹たたき 塩(中)
藁焼き鰹たたき タレ(小)明神丸 ひろめ市場屋台餃子 安兵衛

席を確保して明神丸の列に並びました。目の前で鰹が直火でガンガン焼かれていて見てるだけでも迫力があります。

鰹のタタキは、タレか塩を選べてキレ数で小・5切れ(680円)、中・8切れ(980円)、大・13切れ(1480円)、特大26切れ(2880円)とお値段が変わります。塩の中とタレの小を注文しました。

一切れが結構分厚いので量的には小でも満足です。味は魚臭さはありませんが普通でした。新鮮なのですが旨味があまりありませんでした。この時期は初鰹なので、今度は脂の乗る戻り鰹の時期にまた食べてみたいです。

ちなみに写真4枚目の餃子は同じくひろめ市場の中にあるこちらも有名な安兵衛の餃子です。小ぶりで食べやすく薄皮でパリパリした餃子です。

ひろめ市場

http://www.hirome.co.jp/

明神丸 ひろめ店

http://ggyao.usen.com/0004012319/

高知名物屋台餃子 安兵衛

http://mfc-group.jp/yasube/

明神丸 ひろめ市場店魚介・海鮮料理 / 大橋通駅高知城前駅堀詰駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0

Related Posts


前の記事: 龍河洞スカイラインをドライブ
次の記事: CPUクーラー PROLiMA TECH Samuel 17 & 12㎝ファン Scythe KAZE-JYUNI レビュー