7月22日発売のデジタル一眼カメラ E-P3のタッチ&トライができるということでオリンパスPhotoFestaに行ってきました。データの持ち帰りもOKだったのでSDカードを持っていって撮ってきました。

画像はE-P3+キットレンズでAUTOで撮影し、撮って出しのJPEGをリサイズしたものです。ED 12mm F2.0が装着されたE-P3もあったのですが今日は触れませんでした。

SS 1/60、 F4.2、 ISO640、 焦点距離 22㎜
SS 1/60、 F3.5、 ISO1000、 焦点距離 14㎜SS 1/40、 F5.1、 ISO1600、 焦点距離 34㎜SS1/60、F3.5、ISO1250、焦点距離14㎜
SS 1/60、 F3.5、 ISO640、 焦点距離 14㎜SS 1/60、 F3.5、 ISO320、 焦点距離 14㎜SS 1/80、 F5.6、 ISO1250、 焦点距離 42㎜

触ってみると前評判通りAFがヒッジョーに速いです。AFだけでなくレスポンスも速くなっているので撮影間隔が短くサクサク気分良く写真が撮れます。モッサリ感がありません。タッチパネルでのシャッターも違和感なくサクサク撮れます。

オリンパスPhotoFestaの大阪会場は2つあって、私が行ったのは阪急梅田の紀伊國屋の前のビックマン前広場で結構薄暗い所なのですがサクサクと合焦してくれていました。ただしウワサ通り、たまにピントが合ってないのに合焦サインがでてることもありました。

画質的には、私が買ったマイクロフォーサーズDMC-G1に比べて高感度が強くなっています。薄暗い場所でのAUTO撮影なのでISOが軒並み高いですが、Panasonic DMC-G1のISO800よりE-P3のISO1600の方がノイズが少なく綺麗です。キットレンズでも結構ボケてくれますし、JPEGの画質もコックリ濃いめの暖色系で私好みです。

今日触った感じでは個人的には文句なしです。私はチルト液晶のE-PL3狙いですが、E-P3と同じレスポンスなら(お値段次第ですが)多分買いそうです。

Related Posts


前の記事: オリンパス マイクロフォーサーズ デジタル一眼カメラ OLYMPUS PEN E-P3、E-PL3、E-PM1 発表
次の記事: DELL Inspiron 1526 ボタン電池交換