Inspiron1526のリプレイスにあたってノートをやめてデスクトップを考えているのですが、デスクトップ化で一番グレードアップできるのは液晶モニタだと思います。今ウチで使っているモニタがEIZO FlexScan L887(レビューはコチラ)ですが、それから5年ぶりのモニター選びです。

ノングレア(非光沢)のフルHD20-24インチでお手頃価格のIPSパネルの液晶ディスプレイで探し、人気度と安心感で三菱とナナオが目にとまりました。今ナナオのL887を気に入って使っていて安心感があり、動画よりも静止画・目への優しさ重視なのでナナオで選ぶことにしました。

ナナオのお手頃価格のIPSパネルの液晶モニタは、先日(10月3日)発売されたばかりのスタンダードモデルのFlexScan EV2335WとエンターテイメントモデルのFORIS FS2332があります。

EIZO(ナナオ) 23型液晶ディスプレイ FlexScan EV2335W

FlexScan EV2335Wは、VAパネルのEV2333Wの後継モデルだそうで、IPSパネルになりFlexStandやピボット機能もありLEDになって消費電力も抑えられてます。

エンターテイメントタイプのFORISでVAパネルだった前モデルFS2331からFS2332でIPSパネルにグレードアップされたのと同じようにパネル変更だけと思っていましたが、画質面でスペック的に気になるところがあったので直接ナナオに問い合わせてみました。

EIZO(ナナオ) 23型液晶ディスプレイ FORIS FS2332

問い合わせた内容は、FlexScan EV2335W・EV2333W・2334W、L887、FORIS FS2332の目の優しさ度合いと画質面での比較なのですが、結論から言うと、 EV2333W・2334W・2335W・FORIS FS2332の現行モデルの中だと動画はもちろん静止画重視(特に色合い)でもFORIS FS2332がおすすめだそうだ。

EV2335W以外に採用されている10ビットガンマ補正機能というのがミソらしく色の階調や再現性に差があるらしいです。EV2335Wはこの中ではどちらかというとオフィスでのテキスト用途向けで縦表示ができたり低く設置できるスタンドがついた使い勝手の良い製品ということです。

うーん。個人的にFS2332は高さ調整ができないのとカラバリにセイレーングレイがないのと、何といってもスピーカーあたりのデザインがネックなんですよね。

Related Posts


前の記事: iHerbでサプリメントを買いました
次の記事: New BMW 3シリーズ(F30)発表