Panasonicのプラズマテレビ2012年モデルVT5シリーズ、GT5シリーズが発表されました。

ブラック・パネルⅢで黒の表現力をさらにアップ、コントラストアップ、フルHD動画解像スピードは1,700画素/秒になってます。

Panasonic プラズマテレビ VT5シリーズ
Panasonic プラズマテレビ GT5シリーズ

私が現在使っているテレビは6年前のプラズマテレビなのですが、モノフェローズで年末年始にSONY KDL-46HX920をお借りして、その良さ(特にモノシリックデザイン)にやられ「今年はテレビを絶対買うぞ!」と思っておりました。

機種について、SONY HX920シリーズも良いのですが、HX920は

  • 高い(パナVT3と比べて5万位高い)
  • シングルチューナーなのでUSB-HDD機能で裏番組録画ができない
  • 映画・スポーツの画質は(液晶の中では最高峰だけど)プラズマの方が有利

ということで、プラズマで考えてます。Panasonicのプラズマのシリーズ展開はだいたいこんな感じです。

VTシリーズ フラッグシップ、画質最高、デザインもなかなかカッコイイ
GTシリーズ 画質はVTとほぼ同じ、でもデザインがかっこわるい
STシリーズ 安い。映り込みが多い、白っぽい画質、デザインはかっこわるい

2011年モデルのVT3シリーズを検討していたのですが、50インチは早々に在庫がなくなったりパネル湾曲問題などで買い時を逃し、2012年モデルを楽しみに待っていました。そして昨日VT5とGT5が発表されたのですが、ちょっとモデルが違うようです。

CES 2012や北米・UKでVT50、GT50、ST50が先行発表されていたのですが、デザインを見る限りで詳細はわかりませんが、そのGT50が日本ではVT5として、ST50がGT5として発表されたようです。私が狙っていたフルグラスデザインのVT50は未発表です。(液晶の最上位モデルWTシリーズも未発表です。)

Panasonicはデザインがかっこわるいことを承知していてデザインをテコ入れしたそうで、多くのモデルが狭額縁のスリムデザインになり、液晶も含めてデザインがかなりカッコ良くなったと思います。VT5も(GT3よりは)良くなっているとは思うのですが、フルグラスのVT50の発表が待ち遠しいです。

追記
2011モデルの海外モデルVT30、GT30、ST30をチラッと調べてみましたら、こちらもデザインを見る限りで詳細はわかりませんが、ST30のデザインが日本ではGT3として発売されてたようです。GT30は国、インチによって違うデザインみたいだったりちょっとわからないのですが、フルグラスっぽいGT30もあります。

もともと国ごとにデザインや仕様を変えて発売してたっぽいです。日本ではフルグラスデザインのモデルは発売されないのかもしれません。

Panasonic VIERA

http://panasonic.jp/viera/

Related Posts


前の記事: 中国料理 丹甫 @大阪府堺市
次の記事: New BMW 328i (F30)Sport 試乗してきました