新型3シリーズBMW328i(F30)に試乗してきました。ホントに試乗程度で30分くらい街乗りしただけですが軽くインプレッションなど。

New BMW328i(F30)

新型3シリーズはノーマル、Sport、Modern、Luxuryとラインがあり、画像はModernですが試乗したのはSportです。

エクステリアはカッコイイです。全長4625㎜・全幅1800㎜。フロントフェイスはシャープでキリッとし、よりスポーティ感がでました。つながり気味の目も私はまったく気になりません。お尻もスマートにかっこよくなってます。全体的にスマートになった印象です。

ただし、インテリアは試乗したラインがSportでシートがクロスだったからかちょっとチープな印象で、シルバーの部分がツヤ消しだったり、エアコンパネルまわりシフトまわりにプラスチック感が目立ちました。LuxuryやModernだとまた印象が変わるかもしれません。

さて、気になる4気筒ターボエンジンのフィーリングです。スペックは、排気量1997cc、最高出力245ps、最大トルク35.6kgmと十分です。燃費は10・15モードで15.6km/lです。

乗り心地は基本的にはそつない感じでとても乗りやすいです。レスポンスも軽くフィーリングもハンドルも軽くとても運転しやすいです。軽い坂道でしたがしっかり走りますし、スポーツ感もちゃんとありますし、思っていたより全然良かったです。6気筒のスルスルーっとしたシルキーな気持ち良さはないですけどね。

他の4気筒ターボエンジンのフィーリングを聞いてみたら、ディーラーさん曰く「4気筒ターボエンジンは、コンピューターのチューンが違うだけで全部エンジンは同じなので、街乗りだと違いはほとんどわからない」 ということでした。

あと細かいのですが、サイドポケットにペットボトルが入るようになったり、サイドミラーが大きく見やすくなっていたり、居住性や運転しやすさがチョコチョコ改善されているのが良かったです。

Related Posts


前の記事: プラズマテレビ Panasonic VT5、GT5シリーズ 発表
次の記事: ロジクール HD プロ ウェブカム C920レビュー01:本体スペック・基本機能編