年末年始にみんぽすでSONY 液晶テレビ KDL-46HX920をお借りしたとき、HX920でブルーレイを見たくて再生専用機 Pioneer BDP-4110を買いました。

即席のお買い物だったのでお値段重視で買いました。

Pioneer Blu-rayプレイヤー BDP-4110

Pioneer BDP-4110はフナイOEMだそうですが、ディスク読み込みやレスポンスはそこそこ速く基本機能はしっかりしてます。私はレンタルBlu-rayを視聴するだけなので十分満足です。

クチコミではDVDのアップコンバーター性能もまあまあのようです。ただし見比べるとBlu-rayの映像が圧倒的すぎてDVDアップコンバーター機能がそんなに際立たないです。

私が気になったのは2点。ひとつ目は表示窓の文字が読みにくく見づらいことです。OPENとかLOADとかの文字が「何年前の機械やねん!」ってつっこみたくなります。私は映画を見ているときチョクチョク再生時間を見るので時間表示が見づらいのが気になりました。

BDP-4110 文字表示部分が見にくい

もうひとつはリモコンです。リモコンのつくりがチープなのは安価なのでまあ問題ないですが、頻繁に使うボタン群「再生・停止・一時停止・早送り戻し・チャプター送り戻し」が小さくて使いにくいです。映画を見るときは部屋を暗くしてることが多いのでボタンが小さいと誤操作しやすく使いづらく感じます。

リモコンが使いにくい

それ以外は問題無く不具合もなく普通に使いやすく使ってます。

近年のテレビはチューナーが2つ3つ搭載されUSB-HDD録画機能が搭載されてます。私は地デジを「録って・視て・消して」しかしないのでレコーダーは不要になってきつつあります。ディスク書き込み機能のついたプレイヤーもありますし、レコーダーを買うより再生専用機のプレイヤーを買うのも安くて速くて良い選択なのかもしれませんね。

Related Posts


前の記事: Restaurant fi-ne でディナー @大阪 堺市
次の記事: 2012年 初ドライブに行ってきました