インテルから新型CPUネハレム(開発コード)が発表されました。2008年第4四半期から発売です。

Nehalem

Penrynでは45nmにシュリンクされましたが、Nehalemで新しいアーキテクチャが採用されます。

特徴としてメモリーコントローラーがCPUに内蔵されたこと。今までAMDはメモコン内蔵なので体感のサクサク感は上といわれインテルとの大きな違いだと思っていたところですがどうなるんでしょうね。

あとは、各コア共通の大きな3次キャッシュが備わったこと。そしてシステムバスのFSBがQPIに変わったこと。QPIになって25.6GB/秒のデータレートになってるそうです。体感速度が変わりそうなアーキテクチャの進化ですね。

Related Posts


前の記事: あつた蓬莱軒でひつまぶしを食べる!
次の記事: マウス Microsoft Comfort Optical Mouse 1000 購入&レビュー