BMW650iカブリオレのレビュー2回目。今回は街乗りや装備面についてのレビューです。

BMW650iカブリオレ(F13)
BMW650iカブリオレ(F13)BMW650iカブリオレ(F13)インテリアセンターコンソール
BMW650iカブリオレ(F13)10.2インチディスプレイ バックモニターグローブボックスヘッドアップディスプレイ

650iのエンジンは、4.4L V8 ツインパワー・ターボ・エンジン。最大トルク61.2kgm・最高出力300kW(407ps)のエンジンです。

まずは街乗り。ボディが全長4895×全幅1895㎜と大きめですがとても運転しやすいです。車幅も実寸ほど大きい感はなく、でも(前席の)乗り心地は広々ゆったりです。

運転も、出足はキビキビ・ブレーキはよくきき・良く曲がり、とても扱いやすいです。街中での運転は特にスポーツ感はなくスムーズかつ快適です。

装備面もiDriveの10.2インチのモニタは見やすく、グローブボックスには整備手帳・取説も余裕で入るし(335iは入りません)、ドリンクホルダーの位置もシフトの前で良くなってるし、普通に使いやすいです。バックモニターも見やすいです。

あと思ったより便利だったのが、ヘッドアップディスプレイ(画像7枚目)。フロントガラスに速度やナビなどが映る機能です。昼間は明るいのでそんなに意識しなかったのですが夜の高速にはとても便利です。視認性が非常に良く、目をずらさないでいいのが運転していてかなり楽です。

次回は高速・山道編のレビューです。

Related Posts


前の記事: 2012年 芦屋さくらまつり
次の記事: BMW650iカブリオレ(F13)レビュー03:高速・山道を快適ドライブ