めんどくさがりやの私はE-PL3にももちろんEye-Fiを使っています。

正式対応していないCanonPowerShot S90で非常に便利に使っているEye-Fiなのですが、E-PL3は正式対応しているのに使いづらいです。

Olympus E-PL3 と Eye-Fi X2と

元々Eye-Fi使用時に動作を全く受け付けない不具合がありましたがファームウェアのアップデートで対応されました。ファームウェアのアップデートで不具合は解消されましたが、それでもS90でEye-Fiを使うときよりも使いづらいです。

S90では撮ったそばからガンガンアップロードされPCで確認しながら撮れるのですが、E-PL3だとなかなかアップロードしてくれなかったり通信速度がとても遅いです。撮影している間はWi-Fiの通信が止まっているっぽいです。

E-PL3では写真を撮りながらのアップロードは期待できないので、撮影終了後一旦電源を切って、電源をもう一度つけて通信のために放置する。という使い方をしています。それでも通信速度がかなり遅いので普通にカードリーダーで読み込んだ方が楽なような気もします。

ただ、動作的にはぎこちないのですが正式対応していて、通信中は通信中のアイコンが出たり、アップロードされた画像はそのアイコンがつき、これは便利です。

Related Posts


前の記事: SSD Crucial M4 ファームウェアを000Fにアップデートしました
次の記事: ナクア白神ホテル&リゾート @青森県 鰺ヶ沢