今年の3月くらいに洗濯機を買い換えました。買ったのは日立 ビートウォッシュ BW-7MV。

ビートウォッシュ BW-7MV

いままで使っていたのは東芝 DDインバーター銀河 AW-F70HVP。2000年モデルなので11年位使ったことになります。全く元気で特に不具合があったわけでもないのですが、そろそろ買い換えても良いかもと思いつつ3-4年経っていて、フト立ち寄った電気屋さんで特価になっていたのでまあいいかと買い換えました。

ビートウォッシュはビートウィングと呼ばれる大きく波打った洗濯底が特徴です。タテ型でもたたき洗いができ水流がかなりちがいます。AW-F70HVPはただゆすっているだけに見えていましたが、ビートウォッシュはジャバジャバしっかり洗われている感じです。

ビートウィング

静音性は今まで使っていた東芝AW-F70HVPの方が圧倒的に静かです。ただ、ウチは昼にしか洗濯しないので音はそれほど気にしていません。ガコガコいうので初めは驚きましたが、盛大にジャバジャバ聞こえて洗ってるな~って感じです。電子音(メロディ)もにぎやかです。

タテ型ですが節水性も高く、今までの洗濯機より10Lくらい少ない水で洗濯できてる感じです。洗濯物の仕上がりは前の東芝より布痛みがあり、ちょっと微妙です。汚れ落ちは東芝より良いですけどね。

あとちょっと残念なのは、洗濯槽を毎回掃除してくれる「自動おそうじ機能」がないこと。2011年モデルは乾燥機能つきの9㎏・8㎏の機種にしか搭載されてなく、乾燥機能が不要な私はしょうがないかとあきらめたのですが、今年(2012年)モデルは全機種に搭載されました。私が買ったBW-7MVの2012年モデルBW-7PVにも当然搭載されてます。

あとは色です。ピンクとブルーがありピンク希望だったのですがちょうど在庫切れだったのでブルーにしました。壊れた訳じゃなかったのでもう一年待っても良かったかも。

Related Posts


前の記事: 仙台国際ホテル
次の記事: ポータブルナビ YUPITERU YERA(イエラ)YPB707si レビュー01:ファーストインプレッション