WWDC2012でMacBook ProのRetinaディスプレイモデルが発表されました。15.4インチで解像度1440×900の倍の2880×1800、IPSパネルのRetinaディスプレイ搭載です。

MacBook Pro with Retina display

4コアIvyBridge Core i7 2.3GHz。重さも2.02㎏に。SSDも高速になってるそうですね。バッテリー7時間も変わらずです。お値段18万4800円から。

ほぼ写真鑑賞とネット専用となっているウチのMacBook Proの買い換えは来年のHaswell搭載版のつもりですが今年モデルでもスペック的には文句なしです。

あと気になるのはソフトのRetinaディスプレイへの対応です。私がMacBook Proで主に使っているアプリは、iPhoto、Photoshop、ブラウザ(Firefox)です。Photoshopは対応を表明しているそうで、iPhotoもアップルだしすぐ対応すると思います。

あとはFirefoxですがソフトの対応はできてもサイトの対応が難しそう。ブラウジングの際は解像度を下げて使って、表示のぼやけ具合が許容範囲内かどうかがポイントですね。

今年はMacBook ProでPCにRetina(高ppi)を導入しましたが、Windowsやその他のディスプレイメーカーも続くのでしょうか。そして多くのサイトが高ppi用に作り直されるときがくるのでしょうか。今後の流れが楽しみですね。

Related Posts


前の記事: むつはまなすライン @青森県
次の記事: 和食料理 楠こう @青森県むつ市:E-PL3+20㎜F1.7で