私は野球好きで野球中継が好きなのですが、野球があんまり好きでない人によると、野球は「ピッチャーとバッター以外はボケッとしているだけの非常にちんたらしたスポーツ」だそうで、野球中継は「無駄に実況と歓声がうるさい。歓声とともにガッツポーズをしているのを見ると忙しいときはイラッとする」そうで、我が家では野球中継は原則ヘッドホンで視聴しています。

そして今まで長い間使ってきたテレビ用、いや野球中継用ヘッドホンがボロボロになってきたので買い換えることにしました。

PIONEER ヘッドホン SE-M290

テレビ用だし試聴はメンドクサイのでネットで条件だけで探すことにしました。

条件はテレビ用(野球中継用)なので装着感重視、軽めが良い、ケーブルは片出し。音質はこだわらない、クセがない方が良いかなって程度。予算3000円くらい。

以上からスペック的に初めはAKG K77にしようと思ったのですが、あまりレビューもないので、軽く「テレビ用 ヘッドホン オススメ」で検索するとパイオニアSE-M290がヒット。ジャンジャカレビューがあり、音はしょぼいが装着感抜群とのこと。ビクター HP-RX500とも迷いましたが、ウィングサポート風という言葉に惹かれて、K77(190g)よりちょっと重めですがSE-M290(225g)にしました。

PIONEER ヘッドホン SE-M290

装着感は良いですね。ウィングサポートをそのまま期待するとあれですけど十分良いです。側圧も締め付けはなく適度で、メガネですが3時間半以上つけてても問題ないです。頭頂部も柔らかく違和感なく、普通にお茶飲んだり寝転んだり動いてもずれません。

音質は確かにしょぼいです。こもってるというかボワついているような感じです。音場や音の広がり響きはありません。量的傾向はかなり極端なカマボコ型というかレンジが狭い印象です。聴き疲れはないですけどもうちょっと音が良いといいのになーとは思います。

装着感は十分良いですし1500円くらいなので良いんですけれど、K77の方がよかったかなーっていう未練がちょっとアリです。

Related Posts


前の記事: 新料理 都留野(つるの)で仙台の牛タンを食べる
次の記事: オリンパス E-PL3 レビュー03:2ヶ月くらい使ってみて