先日ギャラタブの通知欄に斜め矢印のアイコンが出ていたので何の気なしにクリック。するとAndroid3.2(Honeycomb)からAndroid4.04(Ice Cream Sandwich)ヘアップデートされました。

GALAXY Tab 10.1 LTE docomo SC-01D Android4.04にアップデート

Android 4.0(Ice Cream Sandwich)は、タブレット用のAndroid3.x系とスマホ用のAndroid2.x系の統合がメインです。

パッと見た感じでは、ギャラタブのデスクトップのデザインやUIのデザインががちょっと変わってます。電波のアイコン、時計や英文字のフォントが変わってちょっとかっこ悪くなったかな。

Android 4.04

軽くいじった感じでは、スクロールや全体の動きが速くなり、タッチした動きがサクサクカクカクからヌルヌルへとちょっと変わりました。ただし動きは速くなったけどちょっとひっかかったりするようになりました。

ちょっと焦ったのはFlashです。Flash PlayerはAndroid 3.x用と4.0用でバージョンが違うのですが、それに気づかずAndroid 4に3.x用のFlashを入れていてまともに動作しませんでした。もちろん4用のを入れるとちゃんと動きますよ。(ちなみにFlash公式アプリは今でもAdobeのArchived Flash Player Versionからダウンロードできます。)

個人的に一番良かったのはPDF閲覧アプリのAdobe ReaderとPorarisの起動が速くなったこと。Android 3.2のときはPolarisもAdobe Readerも起動が非常に遅く、ブラウジングしていてリンク先のちょっとしたPDFとかを見るのが億劫だったのですが、4になってかなり快速になりPDF閲覧に躊躇しなくなりました。

あとはChromeやFireFoxなどAndroid4.0以降から使用可のアプリが使えるようになったのも嬉しいです。

Related Posts


前の記事: HDDをSSD Samsung 830シリーズ MZ-7PC256B/ITに換装しました :HP ProBook 4230s レビュー03
次の記事: Huluアンバサダープロジェクトに参加しました