私はなかなかの寒がりで比較的あったかグッズに興味がある方です。洋服はあまり増えないけどあったかグッズは毎年着実に増え続けています。

だいたいあったかグッズは似たような文言やパッケージなので迷いやすいようにできていてお店でもどれを買うかよく長時間迷います。不用意に私に接客すると「コレとコレどっちが温かいですか?」というような、店員に「そんなもんしるか!」と苦い顔をさせてしまう質問をしてしまうほど迷います。

しまむらで買った暖かインナー

で、今年の温かグッズですが、今年の私のイチオシはしまむらで買ったVILLANDシリーズ。上の画像の右側の『「紀州備長炭」練り込み繊維』のヤツです。新しくできたスーパーに買い物に行ったついでに買ったものです。

私はこういう「備長炭」という言葉や、赤と黒の温かさをかもすパッケージにやられるほど素人ではありませんがパッケージにやられて買いました。

しかし、これはパッケージだけではありません。生地が分厚くキルティングになっていて保温性が高いのです。しかも分厚い割に伸縮性に富んでいて動きやすいのです。今までヒートテックに代表される薄い生地の保温性の高いインナーに注目していたのですが、やはり分厚さは正義でした。

もちろんこういうあったかグッズに対してあっさり「温かい」と答えるほど私は甘くありません。いくらVILLANDシリーズが優秀でもカイロじゃあるまいし、このクソ寒い中温かく感じるほど発熱するわけではないのです。

あったかグッズは「そんなに寒くない」と感じさせるのが正解なのです。そしてこのVILLANDシリーズはみんながダウンを着ている中ピーコートで歩いても「そんなに寒くない」と感じさせてくれるのです。

寒くなる前に長袖シャツだけをお試しで買ったのですがあまりの温かさ(そんなに寒くなさ)にタイツも買いに行きました。上の画像の左側の「あったか綿キルトSAGRESシリーズ 」は類似品ですがお安かったので一緒に買ってきてしまいました。こちらもなかなかです。

Related Posts


前の記事: クルマのフロントガラスの内側をキレイに拭きたい
次の記事: FUJIFILM XF1レビュー05:操作性について