先日買ったオリンパス STYLUS XZ-2のとても軽めのファーストインプレッションです。

OLYMPUS XZ-2

でかいレンズが目を引くXZ-2のボディの大きさはE-PL3と変わりません。というか横幅はちょっとデカイです。そして無骨な男っぽいデザインです。

チルト式の背面液晶がE-PL3の不評の16:9の液晶ではなく、3:2(3.0型92万画素)になりとても見やすくなってます。タッチパネルの反応も良く使いやすいです。再生時の操作もスマホやタブレットと同じで指のツイーッてするのに合わせて動いてくれるのも良いですね。

さて、とりあえず暗雲たれこめる曇天でしたがうろうろお散歩スナップ撮影に行ってきました。

f4.5 1/800 ISO100 21㎜f3.2 1/400 ISO100 9㎜
f2.8 1/250 ISO100 24㎜f2.5 1/200㎜ ISO200 24㎜
f2.5 1/250 ISO125 24㎜f3.2 1/400 ISO100 24㎜
f2.3 1/60 ISO800 12㎜f1.8 1/30 ISO200 6㎜

写りはコンデジで考えるなら余裕でトップクラスじゃないでしょうか。一世代前のコンデジとは比べものになりません。

素晴らしいのはやはりこのレンズ。XZ-1のときからレンズが好評でしたが怖しい写りをします。広角端から望遠端までビッシャーとシャープです。F1.8のワイ端だけでなくテレ端でもF2.5なのでなかなかよくボケます。そこらへんの植え込みを適当に写しただけなのに素晴らしい写りです。レンズだけだったらPL3のキットレンズ以上だと思います。

高感度は個人的に常用できるのはISO800-1000あたりで1250になるとノイズ感が出てきます。PL3もISO800-1000あたりだったので高感度ノイズは良い勝負です。

旅行の予定なので旅行で使いまくってさらにレビューをしたいと思います。

Related Posts


前の記事: ハワイ旅行中の天気予報
次の記事: OLYMPUS XZ-2とEye-Fiと