2月23日発売予定のXZ-10、興味アリです。

OLYMPUS STYLUS XZ-10

センサーは1/2.3インチ。レンズはズイコー26㎜F1.8ー130㎜F2.7。

以前はセンサーが1/2.3インチだと完全にエントリーモデル的な扱いだったのですが、今は裏面照射などセンサー性能の向上が著しいですし、XZシリーズにしているということはセンサー性能は良いのでしょうね。レンズはコンパクトなボディだしちょっと無理してそうなスペックですがどうなのでしょうか。

XZ-2を使っていて、やっぱりちょっと大きくて、画質はこのままでもうちょっとコンパクトだったら良いなーと思うことが多々あるのですが、それを叶えてくれるならいってしまうかもしれません。

もう一つ気になるのが同じくOLYMPUS SH-50

OLYMPUS SH-50

24倍ズーム機で動画押しっぽいので私の趣旨には外れるのですが、5軸手ぶれ補正(動画時のみ、静止画は3軸)が魅力的です。XZ-10には記載がないのですが何故載せてないんでしょうね。デザイン的にもXZ-10と似ていますがSH-50の方がカッコ良く見えます。

OLYMPUSのカメラは、絵作りが好みなので画質的には安心感があるのですが、いかんせんEye-Fiとの相性とかAFの精度とか細かい所に気になることが多いです。実際に触ってみるのが楽しみです。

Related Posts


前の記事: HDDケース NOVAC 2.5″SATA はいーるKIT USB3.0 BASIC
次の記事: ジャン=ポール・エヴァン (JEAN-PAUL HÉVIN)のチョコレート