レノボのノートパソコンThinkPad X230をお借りしました。そのファーストインプレッションです。

ThinkPad X230はレノボThinkPadシリーズの12.5インチ・約1.48kgのモバイルPCです。

Lenovo ThinkPad X230

デザインはThinkPadらしい無骨なデザインです。ボディに堅牢感があり、表面はしっとりしていて滑りにくくなっています。持ち運びも苦になりません。

X230はディスプレイ(12.5インチ解像度1366×768)にIPS液晶を選択可能なのが魅力です。

キーボードはThinkPadの代名詞的な7列ではなくなり6列アイソレーションキーボードになっています。ポインティングデバイスとタッチパッドのボタンの位置が特徴的です。

Lenovo ThinkPad X230

スペックは、CPUがIntel Core i7-3520M 2.9GHz-3.6GHz。メモリが16GB、128GBのSSD(C400)が積まれています。たいていの作業は十分快適です。

ThinkPad X230 スペック

Windows エクスペリエンス インデックスをとってみました。

ThinkPad X230 Windows エクスペリエンス インデックス

CPU、メモリ、ディスク速度は予想通りでしたが、グラフィックが予想より結構高いスコアでした。オンボードのGPUも進化していますね。モンスターハンターのベンチマークも貼っておきます。

モンスターハンター ベンチマーク

最後にCrystalDiskMarkでSSD C400のベンチマークです。

C400 CrystalDiskMark

最新のSSDの中だとベンチ的には普通なのですが体感的には十分爆速です。Windowsの起動は30秒かかりませんし、アプリの立ち上がりも速いです。

次回はもうちょっと使い込んでのレビューです。

Related Posts


前の記事: FUJIFILM X20 ファーストインプレッション
次の記事: ほっかほっか亭のお弁当を食べた