SONYモバイルがIFA2013で、HonamiことXperia Z1を発表しました。

SONY Xperia Z1

なんと言っても注目はカメラです。エントリークラスのコンデジと同じサイズの1/2.3インチ裏面照射型CMOSセンサー搭載。しかもF2.0のGレンズ(焦点距離27㎜)。画素数は2070万画素とちょっと多めですがSONYらしいです。画像エンジンもBIONZでCyber-shotさながらです。

画像を見たりネットとの連携はスマホの方が断然便利で良いので、エントリーコンデジを携帯して撮るならXperia Z1で事足りるようになりそうです。スマホ連携前提のレンズカメラDSC-QX100、QX10も発表されたし今後のカメラの進化が楽しみです。

液晶は、5インチフルHD(1920×1080)液晶。トリルミナス液晶、X-Reality搭載とBRAVIA系の技術をさらに入れてきているので画質もかなり期待できそうですね。

プロセッサはMSM8974クアッドコア2.2GHz。RAM 2G。内蔵メモリ16GB。バッテリー容量は3000mAh、とZから順当にスペックアップしています。

SONY Xperia Z1

Xperia Z1は今まで通りdocomo、auから発売されるのでしょうか。docomoもiPhone取り扱いを発表し、回線品質競争も激しいし、スマホは面白いですね。

Related Posts


前の記事: 神戸メリケンパークオリエンタルホテルのシーサイドビアテラスに行ってきました
次の記事: あまちゃん・半沢直樹にはまり、テレビ欲しい欲しい病 再燃